相手の意見を断るため

お礼を伝えよう

相手は、わざわざ時間を取って意見を提案してくれています。
断る場合でも、まずはそのことに関してお礼を言ってください。
お礼を言われて嫌な気分になる人はいないでしょうから、今後も有効な関係を築けると思います。
それから、残念ですが今回は不採用という結果になったという旨を伝えてください。
今回はたまたま意見が合わなくて不採用になっただけで、今後は何度も仕事で関わる相手かもしれません。

メールの送り方が悪いと相手が怒って、もう2度と一緒に仕事をすることができなくなります。
断りのメールを送る際でも、丁寧に書くことは忘れないでください。
相手を傷つけない文面を考えることが、とても大切です。
難しいので、ゆっくり考えて書きましょう。

理由を明確にする

相手は、なぜ不採用になったのか理由を知りたいはずです。
問題があった場合は、その部分を改善して今度は別の意見を持ってきてくれるかもしれません。
そのように新しいチャンスが生まれるので、断りのメールを送る時は必ず理由を記載してください。
理由も無しに自分の意見を却下されると、誰だって怒ります。
雑な対応を取られたと思われるので、こちらの印象が悪くなります。

きちんと理由をかけば相手も納得してくれるので、余計なトラブルが生まれることを避けられます。
意見を出してくれたことについてのお礼と、理由を書くだけで十分こちらの気持ちが相手に伝わります。
それ以上何か書けば長くなりますし、言い訳をしていると捉えられるので控えましょう。