自分の意見を相手に述べる

何についてのメールなのか

交渉する時は、相手に分かりやすいメールを書くのが重要です、
すると良い印象を与えることができます。
件名は、必ず書いてください。
面倒に感じて、件名を省く人が時々見られます。
ですが件名が記載されていないと何のことか分からず、怪しまれて読まれないことが考えられます。
件名を具体的に書くと、何のメールなのか一目で分かるので相手はしっかり読んでくれます。

また相手にお願いをするため、メールを送ることもあるでしょう。
その時は最初にお願いしたいことを記入してください。
いきなり本題に入って良いのかと感じる人も見られますが、後回しにすると無駄に長くなるのでおすすめできません。
依頼する時も、簡潔に分かりやすく書くことが大事です。

相手に考えさせよう

お願いしたいことがあると、必死になって強い口調になってしまうことがあります。
ですがそのようなメールを送ることは、絶対にいけないことです。
検討してくださいと、メールの最後に付け加えてください。
すると相手に考える時間ができるので、変にプレッシャーを与えることは無くなります。
自分は良い意見を言ったと思っても、相手が気に入ってくれないかもしれません。
その時は残念ですが、お願いを断られることがあります。

仕事をしている時は、何度かそのような出来事が訪れると理解してください。
検討してくださいという一言が記載されていないと、失礼だと感じる人もいます。
特に高齢の人はそう感じるので、取引先にメールを送る時は忘れないでください。