メールのマナーを知っておく

正しいメールの書き方を勉強する

短いメールがふさわしい

仕事で相手に長文のメールを送ると、読みにくいだけでなくプレッシャーを与えてしまいます。
向こうが長文だったらこちら長文で返さなければと思わせるので、返信をもらうのに時間がかかるかもしれません。
早急に返事をもらわなければいけない内容の場合は、遅れると困ります。
短くまとめれば、相手もすぐに返事を書いてくれるでしょう。

短くまとめるときは、何を伝えたいのか意識してください。
イベントの予定をお知らせする場合は、日時や時間、場所などを記載するだけで十分です。
余計なことを記入すると、メールの文面が長くなります。
短くまとめることができるよう、必要最低限の情報を頭の中で整理しておきましょう。
それからメールを作成してください。

どうしても長くなる時

できれば短い文面で相手にメールを送った方が良いですが、内容によってはどうしても長文になってしまうことが考えられます。
その時は長文で構わないので、きちんとルールに従ってください。
仕事上でメールを作成する時に、長文を書く時のマナーもあります。
無理に文章を削ろうと思って、大事な部分を削ったら相手に意図が伝わらないのでメールの意味がありません。

長文を送る時は、1番最初に文面が長いことを伝えてください。
また、何に関しての内容なのか具体的に書きましょう。
新しく発売される商品についてだと記載すれば、重要度が簡単に分かります。
長文は読むのが大変なので、そこまで重要な内容でない場合は後でゆっくり読んでもらいましょう。